夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。簡単な伝言で済むレベルのものも多いとはいうものの、医療的に重要な処置等に関しての申し送りはしっかりと申し送りする必要があります。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、おおよそ750万円前後だと見られています。みなさんご存知のように、看護師の休日については本人が働いている医療機関で異なっていますから、一概には言えません。3交代勤務の場合、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも普通です。別の見方をすれば、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。看護師は良い給料をもらってはいますが、内実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼ぎが多くなるという現実があります。あなたがもしも、より高い給与を看護師の仕事で得たいのならば、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。長く看護師として働いていると、様々な悩みが出てきますよね。よく言われるものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。休日や休みの時間にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの事が悩みのタネになっているようです。他にも、看護師が不足している職場においては、休みを取る暇がないケースもあるでしょう。規則正しい勤務時間がいいのなら、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。転職の際には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、特に履歴書の中の「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術や知識を学べるといった理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。知人が看護師として働いていたのですが、病気を治療するため一度看護師を辞めています。ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、看護師として今も病院で働いています。多少のブランクでも、有利な資格があれば復帰も早いと思います。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、複数の科を持っている総合病院から、地域の町医者まで規模は様々です。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、その点は看護師にも同じことが言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても収入は違ったものになるでしょう。こうしたことを踏まえても、一般的な看護師の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として主に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。そして、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。世間から見ると、看護師は比較的高給のイメージがあります。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。景気に左右されないのも強みでしょう。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。国外で医療的な支援を求めている人々に、医療に携わる者として何かできる事がないのかと考えている看護師の方もいると思います。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。当たり前の事ですが、海外では医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要不可欠なのです。海外で看護師として活躍したいのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。階級のトップからいえば、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。実際に階級を上げるためには、その病院での勤務を長くするなど、一目置かれ、認められるような存在になることが大切なようです。階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。昔の看護師といえば、ほとんどが女性の職業でした。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも看護師の名称が使われ、男性が働くことも多くなってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。本来女性が持っているような優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も看護師に求められる要素だといえるでしょう。正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護の専門学校や大学等を卒業することが必要不可欠になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。初めて看護師として働こうと思っても、就職先が見つからず、上手くいかない場合は、もしかすると、年齢制限によって落とされているかもしれません。実際の求人には表面上年齢について書いていない場合も、実際には病院側が採用の年齢を設定していることもあります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接しなければいけないので、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。とはいえ、職場の環境や方針次第では、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておいた方が良いと思います。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立の医療機関で働くことです。実際、看護師の職業は専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も必要で、多くの看護師が激務をこなしているのが実情です。徐々に男性看護師も増加していますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、精神的に疲れてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも理解できる話です。医療施設で看護師として勤務している人の中には働く時間が規則的でないことや労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外にいろいろな職種において活用できるというのもよくある話です。例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。加えて、学費の面についても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。そうはいっても、昨今では、少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも物悲しく思えますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。意外に思うかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子どもの世話が好きな方であれば、適任の職場だと言えます。保育園でどのような仕事をするかと言うと、園児の体調管理と共に、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切なものです。看護師として外科で働く際のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、分かっておく必要があります。手術を目前に控えているような患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、とても勉強になります。マイナス面としては、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、腰を落ち着けて患者の看護を実践するのが難しいことです。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。しかしながら、看護師の勤務の実情に着目してみれば、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会問題に繋がっています。原因としては、過酷な労働環境があります。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、休みも簡単には取れません。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に退職する人もいます。一般的に、看護師は離職率が高いです。そのため、結果的に転職率が高いと言えます。こうした流れを受けて、看護師専用の転職サイトが増えています。こうした看護師専用の転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも併用して、より良い転職先を見付けましょう。数年前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、昨今は少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので女性より筋力のある男性看護師の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分より職業的な高みを目指していけるということです。一般的に、看護師の中には煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、その印象は間違っておらず、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病院で勤める以上、煙や臭いをつけないよう、意識している看護師が少なくない様子が分かるのではないでしょうか。看護師の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置もまた違います。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが湧いてきます。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。普通、好んで注射をされに行くような人は稀なタイプだと思いますが、注射の必要があるのならば、痛みが少ないように注射してもらいたいですよね。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手な人もいれば、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。この辺りは運としか言いようがありませんね。