興信所や探偵選びで迷ったら、とりあえず優先すべきは探偵社の所在地です。ほとんどの人は自宅から通勤圏内でしか動きませんので、地域周辺に限って、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。さらにクチコミや規模などで選定し、最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみることをお勧めします。相手は専門家ですが、話をしてみないと、誠実そうな会社かどうかもわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることはほぼ同一です。離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、スムーズに離婚できると思います。それに、慰謝料請求時にも有効です。一般的な追跡調査で探偵が使用していた機材といえば、従来は発信機がありましたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、旧型の発信機と比べると明らかにターゲットを見失う危険性が減りました。昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで「別料金」「経費」が加算されたり、契約を破棄しようものなら、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。契約書にサインする前にチェックは入念にしておいたほうが良いでしょう。むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。両方とも探偵業務と報告を行うことは共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。ですから、不倫の調査をしてもらう分には、区別して考えることはないということです。ただ、ある程度、得意不得意などもおのおのの会社で違ってくるので、口コミを調べたり営業所に訊いてみるといいでしょう。探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫関連の調査です。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で解説します。調査方法の基本としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、ターゲットの尾行をします。相手が警戒していることもありますから、ここぞという日時に限定して追跡し、証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。探偵業といえど競争があるのは事実で、大幅値引きな価格を提示したり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者も増加する傾向にあります。とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、正式に契約してしまう前に納得できるまで説明を聞き、請求トラブルにならないよう注意しましょう。配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。ただ、探偵は便利屋と違って専門家ですし、調査対象にばれるようなことは、まずないはずです。でも、「探偵を雇った」という事実で振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。最低でも調査終了までは、自然な振る舞いを心掛けるようにしましょう。パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、ある程度まとまった資金を要します。探偵の相場ですが、一例をあげれば、浮気の素行調査などで3日で12万ないし14万くらいが必要です。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どんな調査でも50万強で予算どりしていれば足りるでしょう。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、探る相手が顔見知りですから、追跡が発覚しやすいばかりか、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。探偵業者でしたら、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに不倫の証拠を得られるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。夫の浮気が心配で探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもそんなに珍しいものではありません。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、実際には相手や周囲に気取られないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、難易度の高いワザです。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、プロに任せるのが一番安心です。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は危ないと思ってよいでしょう。帰宅したあとに、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、確実にそうだとは言えません。けして安くはない代金を支払った挙句、浮気の証拠はありませんでしたなんて無様な結果に終わらないために、契約を交わす前に平均的な価格についておさらいしておくべきですね。興信所といっても、知らない会社に相談するのは勇気が要るものです。本名を名乗るのが怖いというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる探偵業者も最近は増えましたから、そういったシステムを利用し、信用のおける業者であることがわかってきたら、個人情報を明かすという方法もあります。探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。たとえば、浮気の素行調査等で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。しかし、調査が未熟なことで満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等を契約前に確かめておくことで回避できるでしょう。それから、相談時に説明を怠らないことも納得の秘訣だと思います。探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。答えはノー。両者には大きな隔たりがあるんですよ。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵の業務を取り扱う会社の場合は、警察署経由で所管の公安委員会に開業届や誓約書等を出し、認可番号を交付してもらって正式に認められるのです。認可官庁によってしっかり管理され、専業で調査業務を行う探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。興信所の仕事と聞いて、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、依頼人の求める証拠を見つける調査です。悟られることがまずないとはいえ、後を追う調査員は対象となる人物の動きを想定しておかねばなりません。予想外や不意の事態に素早く的確な対処をするのが、当然なのですから、ラクな仕事ではありません。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、調査をしてもらうときは料金がつきものです。それに、依頼する調査の内容次第で料金は異なります。単純そうな行動追跡でも、ある程度まとまった時間を要します。日時をどのように区切って依頼するかによって料金は変わりますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、お金がかかると思ったほうが良いでしょう。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、地域の専門性で選ぶのも手です。相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者をあたってみると良いでしょう。地元に精通していれば、それだけ調査を進めやすく、報告書の内容がより克明になります。また、依頼する案件によって向き不向きもあるようですし、公式サイトやそこに書かれている電話番号などに直接確認してみると良いでしょう。悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。会社概要等は、ウェブサイト以外にも広告や看板等で貼りだされていることが多いです。相談してみると、どのような作業で料金がだいたいどのくらいになるか概算で見積りを出してもらえます。相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、価格と調査内容を照らしあわせて検討するといいでしょう。探偵業者を使って浮気調査をしてもらう場合、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが費用を抑制できます。わかっていることまで探偵に調べさせると、ゼロからの積み上げで調査する分、時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。側にいるからこそ気付くことは大いにあるはずですし、記録やリサーチにいそしむと良いでしょう。探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人に関する情報を安易に知らせたくないというのは人として正しい反応だと思います。依頼に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社もかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。その後、調査を依頼するにはどのような会社でも契約が必要です。ある程度の個人情報が知られることは避けられないでしょう。浮気調査を探偵に依頼するとき、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、第三者(依頼主)に報告する調査業自体、違法なのではと不安に思う人も少なくありません。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、個人情報を悪用した犯罪や、不適切な営業(契約)などの被害から個人を保護するために制定されたものです。探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をやってもらうことはできませんから、誠実な会社に頼むべきです。オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、未熟な調査能力のせいで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルとなる危険性も考えなければいけません。あとになってガッカリすることがないように、依頼前に情報収集を行い、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。これから配偶者の浮気について、初めて探偵業者を利用しようというときは、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。ただ、誹謗するわけではありませんが、極端に安いときは、注意が必要でしょう。経費を省くため、調査内容がいまいちということがありますからね。契約する前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかもチェックしておかなければいけません。興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、総コストではないでしょうか。一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって増減はあるので、定価というものは存在しません。不倫の調査とかでしたら、作業時間を1時間とすると相場的にはだいたい2万円ぐらいです。まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためには相応の経験とカンが要すると思います。その上、突発的な事態に対し、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと発注者の安全と利益を損なわないよう、最大限の用心をしつつ調査につくのが探偵としての常識なのです。最近不審な電話があるので夫の浮気が気になり、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。何社か問合せをしていくうちに、一番感じが良かった探偵さんに調査してもらいました。いくら浮気を疑っていても、決定的な証拠を目の前にすると、がっくりきました。これから探偵を雇うつもりでいたら、平均的な価格というものを知らないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。1時間1万円からと予想していると間違いありません。行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。普通の仕事への対価と比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように感じることがほとんどでしょう。そうは言っても、格安や一律を謳う探偵に依頼して、不倫の決定的証拠が得られなかったら、無駄遣いもいいとこです。やはり調査能力のほうを重視したいですが、料金が高いほど、調査能力が高いかというと、それは一概に決めかねるところがあります。